第5回愛連吟詠フェスティバル

2015.03.09.11:02

平成27年3月7日(日)あましんアルカイックホールにて第5回愛連吟詠フェスティバルが開催されました。
毎年のことながら客席には沢山のお客様。本当に嬉しいことです。
私たちは企画構成番組 ー女人平家ー
「天人五衰」に出演させて頂き「小督の局」を吟じました。舞の先生の演技も素晴らしいものでした・・・

IMG_0427.jpg
IMG_0423.jpg
会場は満席
IMG_0407_20150309231932683.jpg

父、松葉水勲「山行」
IMG_0401.jpg
IMG_0437.jpg
リハの模様を・・・少しですがご覧くださいね
IMG_0346_2015030920412830f.jpg
IMG_0347.jpg
IMG_0350.jpg
IMG_0366_20150309231309d54.jpg
IMG_0378.jpg

IMG_0361.jpg
IMG_0372.jpg
IMG_0384.jpg
IMG_0392.jpg
IMG_0422.jpg
IMG_0442.jpg
IMG_0443.jpg
1_20150311112522f32.jpg

続きを読むには今回の「小督の局」の解釈をUPしております。

時は平氏全盛の平安朝最末期、時の帝であった高倉天皇は最愛の寵姫を亡くし悲嘆に暮れていた。見かねた中宮(清盛の娘である建礼門院徳子)は天皇を慰めようと、美貌と音楽の才能で名高かった中納言・藤原成範の娘を紹介する。

宮中に上がった成範の娘は小督局と呼ばれ、天皇の寵愛を一身に受けた。

しかし、中宮の父である平清盛は、天皇が中宮である娘を差し置いて小督に溺れる事に怒り狂い、小督を宮中から追い出してしまった。

小督は清盛を恐れて嵯峨に身を隠し、天皇とも音信不通となってしまう。天皇の嘆きは深く、密かに腹心の源仲国(宇多源氏・源仲章の兄)を呼び出して小督を秘密裏に宮中に呼び戻すよう勅を賜った。

ちょうど仲秋の夜のこと、月が白々と照る中を嵯峨野に出かけた仲国は、小督が応えることを期待して得意の笛を吹いた。すると、見事な「想夫恋」の調べがかすかに聞こえてくるので、音のするほうに向かうと、果たして粗末な小屋に小督が隠れ住んでいた。

最初、小督は清盛を恐れて宮中に帰るのをしぶるが、「想夫恋」の曲で彼女の真意を悟っていた仲国に押し切られこっそりと天皇の元に帰ってきた。2人はひっそりと逢瀬を重ねるが、清盛におもねる者から秘密が漏れて、小督は無理やり出家させられてしまう。

能の「小督」はこのうち嵯峨野の場面に取材したもので、伝金春禅竹作の四番目物。現在も比較的盛んに上演される、美しくも哀切な名作である

スポンサーサイト

comment

Secret

Select Template
プロフィール

水緑・水紅

Author:水緑・水紅

最新記事
最新コメント
カレンダー
05 | 2017/06 | 07
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 -
FC2カウンター
くろねこ時計
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク